JUG六活動日記

日々の練習から公演会までJUG六の活動を記録してゆきます!!

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-23-Thu-17-46

JUG六合宿2012(夏

毎年恒例のJUG六合宿ですが、少し思ったこととか、ぽちぽち書いていきます。

JUG六創設当時の合宿の参加人数は13人。そして創設3年目の今回はなんと28人!!
こう、サークルがどんどん大きくなって行くのは新歓の時期から思ってはいたんですが、こういったイベントでも、もちろん六甲祭なんかでも感じるんかなー。

私もとうとう三回生になるわけで、合宿の企画にもとくに携わらないポジションに、なんとなく全体を見てフォローしたりといった脇役感を体全体で感じておりました。

練習でも個人練はほどほどに、一回生の技術の底上げ、チーム練習、撮影など(個人練は合宿じゃなくてもできるし…)に時間を割いたかなー。

問題のチーム練習ですが、実は私の提案で始まったものだったり。
と言うのも、今年、JJFチームが生まれてクラブパス(とかコンビ技)と言うものが軽々しくできるものではなくなってしまったかなー?という懸念がありました。その空気を和ませるためというのがひとつ。

もうひとつは、みんなでサークルに参加するという意識が欲しかったんです。六甲祭、出たい人が出ればいいという方向ですが、さてみんなが出たいと言えるようにするにはどうしたらいいか?
みんなに「これならできる!」というものをひとつ持って欲しかった。1人がダメなら「チームならできる!」という具合に。これで、誰もが立候補できるものになるんじゃないか。
こういった狙いが実はあったんです。

ソロ練したい人も付き合ってくれてありがとう!
実はこんなこと考えながら合宿してましたのコーナーでした。

最後に合宿担当の2人。私もちょろっと経験したことはあるけど、やはり手放しで楽しめないこともあったんじゃないかな?それでも春と夏、しっかり一年頑張ってくれました。来春は有望な一回生がしっかりやってくれるので、練習に遊びにお酒に心置きなく浸ってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

ps.再試ごくろーさん。
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://596455xanadu.blog61.fc2.com/tb.php/35-f07f0306



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。