JUG六活動日記

日々の練習から公演会までJUG六の活動を記録してゆきます!!

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-05-Wed-11-24

川崎病院クリスマス会

JJF練習の時に偶然お会いした川崎病院の方から頂いた依頼でした。

循環器科室が控室だったり、スタッフのみなさんな白衣にサンタ帽だったり、なかなか面白い状況でのパフォーマンスでした。

メンバー、あっちゃん、どいちゃん、ばいざー、ひろさん、もぉりさん

のちの反省で出て来たことを中心に書くと
今回、後輩のパフォーマンスを見てて思ったのが、やはり技の上手さ、難しさより盛り上がりをコントロールすることが経験不足かなーと。

ディアボロやデビなら割と下を見ながら演技することになるが、拍手ポイントはチラッと前を向く、キャッチの瞬間はドヤ顔、がまだまだできてないなーと。これは身内の前ではできても本番となるとなかなかできないもんです。
トス系でもだいたい同じで、しっかりお客様の目を見てコミュニケーションをとるということを大切にして欲しいなーと後輩に伝えたいです。しっかり止まってお客様に落ち着く暇を与えて、見やすい構成を、心掛けるべきだ。

他には不測の音響トラブルがあり、緊急でアンプを使うことになったんですが、音源は最低2つ以上は持っておくべき。あと、音響確認の手間を省いて、すべてアンプで流してもいい気がするけど…どうせピンのために持ってくしね。

そして、ピン付けずに公演する人がどうしても喋りたくなる時、最初からつけろよという突っ込みはさておき、MCがハンドマイクでフォローしたりする処置は要りますね。喋ってるとわかるのに伝わらないのは向こうもこちらもすごく気持ち悪いものです。

こんな感じですかね?また要請があればアップロードしますんで。

最後の方にはお客様もすごい数になり、やってるこちらも楽しませてもらいました。(個人的には最後のアレがうけてほっとしてる)
川崎病院の皆様、ありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://596455xanadu.blog61.fc2.com/tb.php/49-269038a5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。